野菜についた農薬をサッと洗い流す『Veggy Alchemy(ベジィアルケミー)』とは?

キッチン用品

多くの人が普段から口にしている、スーパーの野菜。

目には見えないものの、農薬の脅威を感じませんか?

農薬とは基本、殺虫剤や除草剤といった「生物を殺す」極めて危険度の高いものです。

しかし、現代の日本では、基準量を守れば人体には無害とされているんです。

散布する際はマスクに手袋、ゴーグルを装着しろ。と注意書きをするにもかかわらずね。

農薬を洗い流す方法がある?

嘘か真か、定かではありませんが、

近年「農薬を洗い流す洗剤のようなもの」が売られているらしいです。

野菜に付いた農薬をサッと洗い落とせる手軽なスプレーがあるなんて、あなたはご存知でしたか?

私はついさっきまで、知りませんでした(^^;)

日本の農薬使い過ぎ問題

そもそも安全意識の高いここ日本において、農薬の心配なんてあるのか?

まずはこちらのグラフをご覧ください。

https://veggy.tokyo/shopping/lp.php?p=alchemy

 

その必要があるんですね。

このグラフは、日本が農薬を沢山使用している。という意味のものになります。

以前、奇跡のりんごの木村さんがこの事に関して講演で話しているのを

Youtubeで見た事があります。

そして、そういったデータに対しては、このような見方もあります。

日本の農薬使用量が多いのは統計のトリック | 松本自然農園
置かれている環境を無視した統計に惑わされて 日本は農薬使用量が多いから危険だ! と言ってしまうのはどうかと思います。国土の違いや、国ごとの食習慣の違い。 それによって栽培する作物の種類が変わり、全体としてみれば単位面積あたりの農薬使用量に違いが出るんですよ。

 

これは、Yahoo検索で、

農薬使用量
検索

と検索したところ、トップに表示された記事でした。

著者の松本さんは、愛知で有機農家を経営されている方で、

私はYoutubeの動画で見た事があるので知ってました。

そして、タイトルの「日本の農薬使用量が多いのは統計のトリック」

という部分だけ見ると、

「なぁーんだ。日本はそんなに農薬使ってなかったのか!」

と思うのですが、

結局は記事をすべて読んでみると、

作物の品種や栽培方法の違いによって、一概に比較できない。

と言うだけの事で、

日本の農薬使用料が少ない」という意味ではありませんでした。

要するに日本で作った野菜には農薬をしっかり効かせている。というのは事実だという事です。

日本人の清潔意識が高いのも、原因の一つだと思います。

形が不ぞろいなものや、虫食いがある野菜は、スーパーではきて売れないでしょうからね。

『農薬は危険じゃない』

松本自然農園の松本直之さんは他にもこんな記事を書かれていました。

農薬は危険なもの? | 松本自然農園
無農薬野菜や有機野菜を探している方のほとんどは食の安全性にたいして不安を持っています。そして野菜に安全性を求めていくと必ず出てくるのが、 農薬の安全性についての問題だと思います。これについて松本自然農園では、健康に育てて美味しい野菜をお届けするためには必要がないと考えています。

記事を要約すると

  • 日本で農薬を使いだしたのは1940年~
  • その頃の農薬は毒性が強いものだった
  • 現代の農薬は安全性の高いものに変わってきている
  • にもかかわらずイメージだけが悪いままである

という感じの内容でした。

確かに、最近では田んぼにタニシやドジョウが戻っていたり、

昔のような自然の田畑に戻りつつあります。

農薬自体が安全に進化したり、減農薬の意識が高まったおかげでしょう。

が、しかし一方ではガンが増加したりアレルギー患者は増え続ける一方です。

私も2016年に原因不明の難病であるクローン病を発症しました。(現在も治療中)

クローン病(痔瘻)で入院をしたブログ|入院初日
皆さんこんにちは!これはとある病院の入院病棟からスマホを使って書いているブログです。私事ですが2016年の2月にクローン病に罹っている事が分かってから、約2年の歳月を経て、人生で初めての入院をすることになりました。今日がその初日。午前中に大

それでも気になる農薬

農薬は使わないに越した事がありません。

なぜなら、化学に完ぺきはなく、

人は、自分たちがした事のすべて把握しているわけではないからです。

原子力発電所がそうでした。人の手に余る代物だったわけですね。

だから、可能な限り体内に科学的なものを取り入れないようにしましょう。

昔のお百姓さんはそれを知っていたからか、

自分達が食べる家庭菜園だけは無農薬栽培だったらしいですよ。

農薬を洗い流すベジィアルケミー(veggy alchemy)

野菜に特化したおしゃれなライフスタイル雑誌の

”Veggy”(ベジィ)

これのオフィシャルブランドとして開発された、

野菜に付着した農薬を落とす専用のスプレーがベジィアルケミーです。

実は我が家もそうなんですが、農薬が嫌だったとしても、近所には有機野菜を販売しているところが無く、

ネットで取り寄せるにしても値段が高く中々続ける事が出来ない。

そんな方におすすめの商品です。

簡単に野菜洗い!veggy アルケミー

ベジィアルケミーの特徴

野菜の表面に付着した農薬が落ちる

ベジィアルケミーを使用すると、このように水が黄色く濁ってしまうそうです。

これが要するに「農薬」や「展着剤」と呼ばれている成分だそうです。

展着剤とは、雨などによる農薬落ちを軽減する為のもので、淡い黄色をしている薬液だそうです。

※すべての野菜で洗浄後の液が変色するわけではないようです。

純水と天然の食品添加物由来の成分から出来ている

ベジィアルケミーは

スプレー後、ほぼ純水に戻るアルカリイオン水を使用しています。

99.9%の純水と、ホタテ貝殻由来水酸化カルシウムから出来ているそうです。

ホタテ貝殻由来水酸化カルシウムは麺のかんすいや、こんにゃくのにがりの代替として使用される食品添加物です。

野菜の栄養素がそのまま

水に溶けやすく、すぐに洗えるので野菜の栄養素が逃げにくいです。

使用法は簡単で、野菜に吹きかけて、馴染ませ、水で流すだけです。

高い除菌効果がある

ベジィアルケミーの特徴として、O-157や食中毒の原因菌を殺菌する除菌効果が挙げられます。

人体に有害な大腸菌、サルモネラ菌、ノロウイルス、腸炎ビブリオ菌、など様々な細菌、ウイルスに効果があるそうです。

消臭効果もある

ご覧のように様々な使い方が出来ます。

Veggy編集長のコメント

雑誌Veggyのオフィシャルサイト”Veggy Online”にveggyアルケミーが掲載されており、Veggyの編集長である吉良編集長のコメントが載っていたので紹介します。

誰もが忙しく過ごしている現代に、ほんのひと手間かけるだけで野菜を美味しくいただくことができるアイテムをお届けしたいと考えました。
「野菜を洗うこと」の重要性は、私自身もいつも胸にいだいていますし、実践を欠かしたことはありません。洗うことで野菜はさらにおいしくなる、そして子どもたちが野菜嫌いにならずに食べてくれる。そう、まるで野菜に魔法をかけるようなイメージで、このアイテムを「veggy アルケミー」と命名しました。
「アルケミー」とは”(ある物を他のものに変える)秘法”のこと。どんな野菜も、これを使っておいしく変化させて味わってみてください。

https://magacommerce.jp/veggy/products/detail.php?product_id=1432

まとめ

  • 農薬の心配をしたくない方
  • 農薬が原因の恐れがある病気の方
  • なかなか無農薬野菜に手が届かない方
  • お近くにオーガニック野菜の販売所が無い方
  • ネットスーパーが苦手な方
  • 少しでもいいものを口にしたい方

このVeggyアルケミーを使って、野菜は普段通りでも、

少しでも安心できる野菜に変えていってみてはいかがでしょうか?