春服のミニマリスト的着こなし2スタイル【メンズファッション】

徐々に春めいた気候になってくると、自然と外に出て行動したくなってくるのは生き物としての本能だろう。

冬に【コートニットデニム】のような定番的な着こなしが存在するように、春にも季節に適した旬な着こなしが存在している。この記事では春らしいメンズファッションとはどのように形成されているのか?について言及していこうと思っている。

近年ファッションという不確定な要素をあえてロジカルに解説するメディアが注目されているが、元来ファッションには規制が少ない分センス云々に議論が集中しがちだったのは確かで、不確かな前提の上で論理的に説明可能な事は初心者にも分かりやすいように解説していく事。これがこの業界の将来にとって非常に重要な事だと思う。それが、もしかしたら今以上の質の高い服に興味を持って貰えるかもしれないし、ファッション需要の拡大に充分になり得る。この記事においても、『春らしいファッション』というとても曖昧な事が少しでもとっつきやすい事に変わればと想像しながら書くようにしようと思う。

[toc]

適度なレイヤードがコツ

春のファッションはレイヤード(重ね着)がポイントだ。レイヤードは冬から春への移行期から春本番にかけて非常に有用な着こなしと言える。

その理由は、2つの事で説明がつく。

1.おしゃれに見られやすい

まず1つ目にレイヤードは見た目にメリットがある。個人の好みはあれど、いくつかの服で層を重ねて着こなすことで立体感が生まれおしゃれに見える。という事は色々なファッションで言えることだ。典型的な例が男のスーツスタイル。Vゾーンに注目すると、インナーのシャツ、ネクタイがあり上にベスト、さらにアウターにジャケットとレイヤードしている。そしてフロントから見ると全てのアイテムがバランスよく調和し、とても美しく見えるように考えられている。たとえプルオーヴァーのパーカーやミドルゲージのニット一枚で防寒的には事足りたとしても、まだ気候が不安定なこの季節の格好であれば、ジャケット+シャツやダウンベスト+シャツ、ニットブルゾン+Tシャツ等のシャツやカットソーを軸にライトアウターを重ねる着こなしの方がおしゃれな雰囲気を生み出しやすいのだ。特に大人な格好を目指す場合は、カジュアルなトップス一枚での着こなしは避けた方が良いだろう。

2.体温調節がしやすい

続いて2点目の『体温調節のしやすさ』だが、これはアウトドアウェアーの鉄則がレイヤードである事に着目すれば良く判る。天候が変わりやすい山の中では気温や自分の運動量に合わせて衣服を調節する事で対応していく。最先端のハイテク分野で行われていることは街着にも応用出来る。
春先の気候が安定しない時期であれば朝晩はとても冷えるし、日中に日が直接当たれば汗をかく程。という状態もままある事だ。そんなときに1枚で防寒を完成させてしまっては、暑いと思っても容易に着脱が出来ないだろう。よって2枚3枚で防寒を完成させておき、気温が上がるにつれて脱ぎ着しながら一日を過ごす。というのが賢い着こなしというものだろう。またそういった計算された着こなしである事が、『おしゃれ』と印象付けられるものだ。

スタイルサンプル

では、今説明したレイヤードを基に、実際に春に着てほしいスタイルサンプルを見て頂きたいと思う。
あまりずらずらと選択肢を増やしても分かりにくくなるだけなので、個人的に特におすすめなスタイルを2つ紹介したいと思う。ポイントは流行り廃りの影響を受けづらい不変性と、万人が着こなせるような普遍性の2つ。それとメンズファッションにおいて全ての人に基本となる『大人っぽさ』の計3点で評価している。では見て行こう。

1.テイラードジャケット+インナーダウン+シャツ

引用:男前研究所

これは私が近年最もしっくりきているスタイルで、とてもまとまりがあって万人ウケを狙える好サンプル。

スリムデニムシャツネクタイダウンベストジャケット』というレイヤードを駆使した着こなしで、不変かつ普遍な大人っぽさがプンプンしている。もしキメ過ぎでちょっと、と敬遠してしまう方はネクタイを省いたり、ジャケットの素材感をネルやツイード、ジャージー等のよりカジュアルなものにしたり、足元にスニーカーを合わせる等、カジュアルダウンしていく手もあるが、個人的にはこのままが最も完成度が高く、いい意味で際立てる格好だと思う。下手に崩す必要は無いと思う。ただ一つ難点としては、この着こなしをするには比較的単価の高い凝ったものを使わないと良く見えない。単純にお金がかかる着こなしと言える。例えばジャケットの形が野暮ったかったり、生地が安っぽいと、その辺のサラリーマン的なビジネス崩れの格好に見えてしまう可能性がある。長く着る前提でUAやBEAMSクラスの店で購入する事をお勧めする。

2.ニットアウター+シャツ+タイスタイル

引用:男前研究所

お次は先ほどよりもカジュアル度の高いニットアウターをメインに据えた着こなし。

正直に言って、この着こなしのポイントはこのブランドのクオリティーありきなので先にブランドを言う。
これは『ザノーネ』というイタリアのブランドで、価格も結構高い。しかし類似したニットでは出せない高級な雰囲気があり、安価なものと見た目の完成度が全然違うので、お金をかける価値はあると思う。逆に下手に雰囲気だけ似せたものでこの着こなしをするのは個人的には反対で、だったら他の格好を探した方が賢明な事すらある。そういう意味で粗悪さが一目でわかる着こなしなので気を付けて欲しい。

ニットは先ほどのジャケットとは異なり全体的にやわらかい雰囲気が出せるのでカチっとした格好と対照的な着こなしだ。インはTシャツでもサマになるがその辺はTPOや鏡と相談して決めて欲しい。キメ過ぎはカッコ悪いという側面もあり慎重に考えた方が良いだろう。ザノーネのニットはこの写真でも分かる通りアメカジライクなカウチンとはシルエットの野暮ったさが皆無な点で別物だし、シャツやタイできっちりタイドアップした格好にもマッチする。ユニクロなどで売られている薄いハイゲージのカーディガンと比べれば、ボリューミーな分アウター感がしっかりと出る。寒々しく見えない。しかしながらニットは風を良く通すので風が強いときは防寒がほぼ機能しない。晴れた暖かめの天気の日に着るのがおすすめ。色は高価な事も踏まえ、飽きづらく落ち着いた、ネイビー、チャコールグレー、ブラウン等の色を選ぶと良いだろう。

以上、簡単ではあるが私個人的におすすめな春の着こなしを紹介した。

特にセールスポイントとしてはトレンドな着こなしではないという事。
流行りを気にしなくて済む分、安定感のあるスタイルが長期間に渡って構築でき。それにかかった費用もしっかり回収出来るのではないだろうか。

関連記事

ミニマリストの春夏の服装まとめ

ミニマリストの服に関するアイデアまとめ【男・メンズ】春夏.Ver
私は服装や髪型といった男の外見にまつわる事を、より深く、より良いものに突き詰める事と人の身の周りの所持品を、何でもかんでも足していくのではなく、必要最小限に...

夏のメンズファッションまとめ

2017年夏におすすめのお洒落なメンズファッションまとめ
夏のメンズファッションとはどのような服装が適切だろうか? 相手からはどう見えて、何が好印象を生むのだろうか?ひたすらそんな事を考えている。 夏と言えば、...

ミニマリストファッションにおすすめのネットショップ

SPUTNICKS

↓ サイトを見る ↓

特徴

きれいめファッションからカジュアルスタイルなど幅広く品質にこだわった商品を取り揃えるシンプルファッションのお店。なんと言ってもコストパーフォーマンスが高い商品や、他店では手に入らないオリジナルブランドなど幅広い品揃えが売りとなっている。

  • 10,000円以上お買い上げの場合は送料無料

※送料は購入時にショッピングサイトにて直接お確かめください。変更の可能性があります。

Dcollection

↓ サイトを見る ↓

特徴

日本で唯一「オシャレが学べる」メンズファッション通販サイト★「オシャレ予備校ブログ」毎日更新中!メンズファッションに関する情報・旬のコーディネートなど情報盛りだくさんのブログを更新しており、オシャレを学ぶことが出来ます。

  • 8,000円以上お買い上げの場合は送料無料

※送料は購入時にショッピングサイトにて直接お確かめください。変更の可能性があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク