クローン病を免疫寛容で治す

フィットネス

今日は、私が実践しているアレルギーを治す方法を紹介します!あほなやり方だと思われるかもしれませんが、私の頭の中では結構良い線行ってると思うんですね笑

始めに強く言っておきますが、病気はその個人の考え方や生活の仕方、食べ物等が大きく影響しますし、今から私が書く内容は主にネットに出回っている情報をもとにして、私が自分自身で情報の取捨選択をし、試している最中の内容の為、医学的根拠などが全く無いもしくは検証中な意見が多分に含まれている可能性があります。(なぜなら私自身が自分のアレルギー体質を医者の理論で直そうと思っていない)当たり前ですが、万人に効果を保証している意見ではないので、それを知ったうえで読み進めて下さい。というか、これも一つの情報としてあなたの中で昇華し、自分自身の今後の生活の為に役立ててみて下さい!医者に丸投げでは根本的にアレルギーが全て良くなることは現段階ではありえないと私は思っています。

アレルギーって何?

世の中にはいろんな呼ばれ方をしているアレルギー症状がありますね。医者じゃないので西洋医学的な分類は知りませんが、私自身も小さい頃、気管支喘息、アトピー性皮膚炎を経験してきましたし、今はクローン病、花粉症などが発病中で、アレルギーだらけの人生です笑。世間にはアレルギーと言われるものに無縁な人もいる事を考えると(私の父親がそれ)、残念ながら私という人間は持って生まれた遺伝なのか生活習慣が悪かったのか、現状はアレルギー体質になってしまっていると言えるでしょう。

現代で多くの人にとって身近なのは花粉症。これもアレルギー症状の一つです。アレルギーは目がかゆいとか、肌がかゆいだけでなく、くしゃみが止まらない、鼻水が出る、咳が出る、頭が痛い等々様々な症状となりますし、安倍総理大臣が発病した潰瘍性大腸炎や、私のようにクローン病となると消化器官の内部の炎症が主症状になってくるので、強い痛みを伴う事になります。とにかくあらゆる症状で患者の日々の生活に支障をきたすのがアレルギーです。マジ厄介ですね!

 

アレルギーって治るの?

で、アレルギーに罹った人なら誰もが思う事だと思いますが、最も患者を不安にさせるのが『アレルギーって治るの?』という事だと思うんです。アレルギーの厄介なところは、詰まる所は治し方がはっきりわかっていない。という事だと思うんですね。例えばアトピーでも花粉症でも良いですが、病院に行って薬をもらったとしても、それでぴったり良くなるとは限りませんよね?むしろ少し症状は緩和されたが、根源的な治療にはなっていないケースが大半だと思います。では、なぜそうなってしまうのでしょうか?私は、これは原因がはっきりしていると思っていて、病院で出す薬が自分自身の免疫力を低下させる薬が大半だから。というのがその理由だと思うんです。別に病院批判をするわけではありませんが、例えば花粉症の場合体がアレルギー反応を起こしている対象がスギ花粉やブタクサ花粉とか細菌やウイルス以外のモノですよね?こんなもん世界中どこへ行ったって存在するようなありふれた自然ですし、それを除去する事なんて不可能に近いと思います。だから、現代の医学ではその花粉に異常に過剰な反応をしている自分の体の免疫細胞側に問題がある。と考えられていて、病院で処方される薬はその免疫力自体を薬の力によって抑える用に出来ています。一見してアレルギー症状が良くなったと誤解されがちなんですが、実は根本的な解決にはほとんどなっていない。というのが私の考えです。

 

毒を持って毒を制す

昔のことわざに『毒を持って毒を制す』という言葉があります。毒に当たった病人を別の毒を使って解毒したことから、悪人を滅ぼすために別の悪人を利用すること等を言い当てた言葉のようですが、私のアレルギー治療に対する考え方はまさにこの通りのコンセプトになると思います。言うなれば『治す、緩和する、取り除く』と言うよりは『克服する、共生する、乗り越える』といったイメージ。具体的にどういう事かと言うと、アレルギー源となる様な微量な細菌、雑菌と身近に生活をする。という事です。

現代人の生活は綺麗すぎる

私がまず最初に思った事は、手洗いうがいを徹底している人ほど病弱で、手も洗わないし掃除もしない雑な生活をしている人ほど病気にタフだという事(そういう印象)。私は小さい頃からどちらかと言うとキレイ好きで、何でも良く洗うし、洗剤が好きなタイプでした。でもこれに気が付いてから極力手を石鹸で洗うのを控えたり、素手でガーデニングをして爪の間に土が入り込む(雑菌を付着させる)ようにしたり、農薬を使っていない畑なら、ビワやイチジクの実を洗わずにそのまま皮ごと食べるようにしたり、海に行って裸足で歩いたり、泳いだりして雑菌を体に馴染ませる事で、生活を変化させ体質を改善させようとしています。

クローン病患者がいないと言われているケニア

 

90%以上の確率でクローン病患者が全快する研究中の治療法 : 炎症性腸疾患を腸内酪...
武田鉄矢さんが朝のラジオ番組で、「90%以上の確率でクローン病患者が全快する」という研究中の治療方を紹介されていました。ラジオ番組で紹介されていた本(さっそく、...

こちらの記事を見たのですが、裸足で生活したり冷蔵庫が無い貧乏な暮らしをしている人達の中にはクローン病患者がいないそうです。(他のもっとヤバい病気はあると思いますが)日本の生活に比べて雑菌、寄生虫との距離が近いが為に体の外から入ってくる雑菌に対していちいち免疫が反応しないようになっているんではないかと思ったわけです。

 

 

もしこれが本当であれば、私が実践している方向性は正しいと言えますし、実際以前ほど花粉やハウスダストでくしゃみや鼻水が酷いと思う事が少なくなってきたように思えます。 正直自分でも驚きなんですがね。

 

太陽に当たって適度に日焼けする

以前、何かの記事でクローン病患者は体が瘦せていて青白い人が多い。と呼んだことがあり、私もまさにこの通り体が細くて色白だったので、これは!と思いました。んで、超単純な理論なんですが、体を鍛えて日焼けすればクローン病を克服するきっかけになるんじゃないか?と思い、積極的に体を動かすためにガーデニングやサイクリングを始める事にしました。

海が近いという地の利を生かして

私が住んでいる場所から日本海まで片道約5km、自転車で約10分の距離にあり、海水浴を楽しむなら絶好の距離にあります。家からスイムショーツにTシャツでスマホとクレカと水筒と鍵だけ持って、レインボーサンダル履いて自転車で海に行ける距離なんですね。ならばこの環境を活かさなければ!と思い、この夏初めての挑戦ですが毎日海に行って遠泳する事にしました。なんでって『体を鍛えるのに水泳は最適だし』『日光に当たりながら日焼けするし』『雑菌だらけの海』だからです。クローン病克服の3拍子が揃っているってなもんですね!

という事で、Amazonで早速グッズを揃えてみましたw

 

水筒ホルダー(ボトルケージ)

届いたときの状態。

中国国内向けの商品ですかね?

六角レンチでボトル径にケージのサイズを調整します。

こんな風にラジオペンチで片側のナットを止める必要はありませんw

ちゃんとサイズが合えば逆さにしても落ちません!

 

六角レンチは自分で用意しなければなりません。

このサイズの水筒(1ℓ)が無理やり入ります。無理やりねじ込んでますw

カバー無しでやったら傷つきました笑。その後カバー付けました。

 

 

 

防水バッグ

これが無いと、一人で海に行って泳いでいる間荷物が心配でなりません!これさえあれば荷物を背負いながら泳げます。多分。

海に行くときの最低限の荷物を入れられる容量が必要です。レインボーサンダルも高級なんでパクられる危険性があります。

サンダルは砂利が付いているので内袋に入れて詰め込みます。

全部問題なく入ります。

背負うとこんな感じ。ダサくても普段使いしないんでここは機能性重視です。

付属で防水スマホケースも付いてました!万が一カバン内が漏水した場合も2重対策でバッチリ。

iphone6がぴったり。

 

 

ゴーグル

浜辺で遊ぶんじゃなくて、本格的に泳ぐんだからゴーグル必要かなと思い、買いました!これでバッチリ海坊主です。

ごく単純なゴーグル。

レビューにこのステッカーが邪魔だって書いてありましたが、安かったんで構わず購入しました。付けましたがそんなに気になりませんでした。

調整用のパーツも入ってます。ほぼ使わんだろうけど親切ですね。

 

アレルギー(クローン病・花粉症)克服なるか?

さあ、これでこの夏が終わる9月頃にはどんな体質に変わっているでしょうか?少しでも調子が良くなれば今後毎年続けていく事で少しづつですが病気は良くなっていく事でしょう。現に今私は中程度のクローン病であると診断されておりながら、毎月の通院も一切なし、当たり前ですがレミケードもヒュミラもペンタサも一切なし、食事制限一切なしで特に目立った腹痛無し(肛門周囲膿瘍だけは微妙)で今生きれています。自分の体は自分のクリエイティビティ―で出来る所は改善するのが一番。今後が楽しみですね!それではまた!