2017年春夏のデニムパンツに関するトレンドについて

ファッション

メンズ・レディース問わず、カジュアルなボトムスと言えば代表格は『デニムパンツ』だろう。

デニムパンツはあまりに定番すぎて、デニムパンツ自体が流行り廃るというよりは、デニムパンツのシルエットレングスロールアップの幅などのディーテールにトレンド感が現れるものだ。

この記事では2017年春夏シーズン、特に《お洒落に意欲的な人》の間でよく見られるデニムパンツの流行りを紹介する。(マスではないので注意)普段何気なく履いているデニムパンツを旬な雰囲気にする参考として欲しい。

 

シルエット

 

まず最初にデニムパンツの太さや形を表す『シルエット』について。

以前 ↓ こちらの記事にボトムスの主要なシルエットをまとめたが、2017年春夏シーズンに『旬』を感じさせるシルエットは大きく分けて3つある。

メンズファッションのボトムスとは即ちパンツの事です。パンツの歴史は長く、その時代によって基本的構造は同じながらも微妙なバランスの違いを生み、トレンドという名...

 

まずひとつ目が、ワイドテーパード。

 

ワイドテーパード

 

youtubeでファッション関連の動画をあげていらっしゃる『ハズム』さんという方が、動画内で履いているデニムがやや細めだが、ワイドテーパードっぽい雰囲気だ。

(動画02:00頃の向かって左のメガネの男性がハズムさん)

 

【SOSHI&KANA 前編】吉祥寺の古着屋さんでお買い物!【ハズム】

 

幅広のロールアップ

そして、ワイドテーパードの履きこなしとしてよく見かけるのが、折り返し幅の広いロールアップだ。(海外のスナップでよく見かける)元々、裾に向かって絞られたシルエットの『テーパード』はロールアップと相性が良いのだが、ワイドテーパードの場合はスリムデニムのこれまで通りな細いロールアップではなく、思い切った幅が広めなロールアップがより今っぽい。

 

pin

 

pin

 

 

↑こちらで紹介されているデニムパンツもそんな雰囲気。

 

pin

 

pin

 

今後数年間は、太目のデニムパンツを履く際、テーパードシルエットで折り返し幅を太くし、くるぶしが出るぐらいで履くとより今っぽいよ。と覚えておくと良いかもしれない。春夏はレザーの短靴が大人っぽく、秋冬はシャフトが長めのエンジニアやロガーブーツ、トリッカーズなどが相性良く履けるだろう。

 

 

 

 

テーパードシルエット

 

ワイドという程太くはないが、スキニーやスリムよりはひと回りふた回りゆとりがあって、人によってはウエストも少し余らせて履くぐらいのシルエット感。スキニーのように全体がタイトフィットなのではなく、股上も少し深めになる為、スキニーよりクラシックな雰囲気の着こなしが出来る。一般的には太からず細からずな、この辺のシルエットが履きやすいだろう。

 

pin

こちらも同様に、幅を広めにとったロールアップ、そしてそれに伴うアンクルレングス(半端な丈の感じ)が増えている気がしている。(特に海外。)

 

ワイドストレート

 

メインストリームで本格化する兆しこそないが、だからこそ一部のモード(流行の先端)を意識する層には今受けているシルエットだろう。ここ数年間、市場はスキニー一辺倒で来ている為、潜在的には飽きている人が多いのだろうと思う。(私は逆行している為、細身が今新鮮w)

 

pin

 

個人的な感覚かも知れないが、↓ この感じはちょっと古臭く映る。

 

pin

 

pin

 

↑ワイドストレートでも、アンクルカットの方がより今っぽさが出しやすいと思う。

 

 

ダメージ

 

お次にこれまで通りの黒スキニーや、インディゴデニムのスリムテーパードジーンズなどでも、ダメージをよく見かけるので、それを紹介する。

(ちなみに豆知識で、日本でダメージデニムやクラッシュジーンズは普通に言うがこれは和製英語で、アメリカなどではリップドジーンズと言うらしい。)

 

pin

 

pin

 

pin

 

ダメージデニムを選ぶ際、もしくは自分で加工する際に気を付けて欲しいのが『不自然にならない事』。あたかも自分で切りました!みたいな不自然さは、感性がある人から見ると、吐き気がするほどダサく見える。

https://www.instagram.com/p/BTc7JnllN0h/?tagged=jeans

↑こういうパックリ感とか。

加工デニムがこなれてかっこよく見えるのは分かるのだが、その精度みたいな部分はとてつもなく重要だ。いかに自然な雰囲気が出ているか?が全てなので、それが不可能ならやらない方が100倍マシである。

とはいいつつも、レディースで最近見かける『謎のダメージ』にはお洒落感を感じる。という矛盾。

 

レディース

 

海外ではお尻にダメージ入ったデニムが流行中かなりのオシャレ上級者

 

なんでそこ裂けたしwと突っ込みたくなるが、そのとってつけた感もレディースならば許されるのだろう。

おけつの下に間接ないから、引っ掛けでもしない限り裂けないだろうが、セクシーさを主張する意味でOKなんだろうか。

露出的には、デニムのショートパンツ履いてると思えば大丈夫だから、何か流行りそうな気がする。新鮮だしね。

 

Pineapple Fashion Blog🍍 on Instagram: “#fashion #denim #jeans #rippedjeans #fashionphotography #photography”
14 Likes, 1 Comments - Pineapple Fashion Blog🍍 (@pineapplefashionblog) on Instagram: “#fashion #denim #jeans #rippedjeans #fashionphotography #photography”

 

pin

 

pin

 

pin

 

ざっとですが、インスタやピンタレストを眺めていて感じたトレンド(傾向)でした。

それではまた。