ユニクロのウルトラライトダウンとフリースを着比べて分かったこと

今日は久しぶりに私が住む福井県では雪が降りました。

まだまだ夜は寒いですね!東京は暖かいのかな?

今現在、室温はPC横にある温度計で21度になってます。家の中はエアコンで温度調整しています。

今年の冬はエアコンをつけっぱなしにしていて、エアコンの設定温度が23~24度。室温が20~22度くらいに調整して過ごしてきました。

寒がりな私は、靴下にレッグウォーマー、ボクサーパンツにタイツ、コットンTシャツにユニクロの中肉なスウェットパーカーそしてその上にユニクロのウルトラライトダウンを着て何とか寒さに耐えています。それぐらい寒がりです。

以前はユニクロのフリースを室内アウターとして着ていたのですが、ミニマリズムの一環で旅行にも重宝しそうなウルトラライトダウンをメインに変えたのがたしか2014年頃だったと思います。ですが最近になって元々着ていたフリースに戻ろうと思っているところです。

なんででしょうか?

本日はそんな私にとっての室内アウターの2大巨頭、ウルトラライトダウンフリースを徹底比較してみたいと思います。

[toc]

ウルトラライトダウンとフリース

ウルトラライトダウン/ユニクロ/ダークグリーン/Sサイズ

ウルトラライトダウン

ウルトラライトダウン2

ウルトラライトダウン3

フリースジャケット/ユニクロ/ネイビー/Mサイズ

 フリースジャケット

フリースジャケット2

フリースジャケット3

6つの項目で比べる

1.洗濯

いくら肌に直接触れないからと言って毎日着ているものは最低でも2週に一度ぐらいは洗濯したいところ。料理をした後などに臭いが付くこともあるので洗わない。というのは現実的ではないですね。まずウルトラライトダウンですが、洗濯機で洗う事は実際私の感覚的に十分可能です。(メーカーが推奨しているかは別)ただし、実際に何度も洗濯してきて思う事は羽の抜けが増える。という事とダウンのボリュームが減ってくる気がする。(感覚的に)という事。そのほかは特に不満はありません。逆にフリースですが、洗濯に関しては一切不満や不安がありません。洗濯に関してはフリースが勝ちですね。

2.携帯性

この二つのアウターを、着るのではなく荷物と捉えた場合の比較ですが、これはもう比べるまでもなくダントツでウルトラライトダウンの勝利ですね。ウルトラライトダウンは付属でスタッフサック(同生地の袋)が付くくらいコンパクトになる事がセールスポイントです。逆にフリースは同レベルのアウターの中で比較しても重さは軽い方ですが嵩(かさ)は大きい方です。携帯性は優れているとは言えません。携帯性が有効に働く事が考えられるシーンとしては、気温がそこそこ高い中、朝晩だけ冷える時期の旅行。等でしょうか?基本的にずっと着ているなら荷物にならないので携帯性はそこまで重要ではない気がします。携帯性はウルトラライトダウンの勝ちです。

3.価格

これはユニクロに関してですが、ウルトラライトダウンが定価で6千円ぐらい(セール最安で3千円ぐらいまで落ちる)なのに対して、フリースはセールで千円ぐらいで買える事もあるので、価格はフリースの勝ちですね。

4.耐久性

私の場合、安い物でも一度購入したら長持ちするようなものが着たくて、これ以上貴重な資源を浪費しない為にもそういったタフなプロダクトが世の中に広まってほしいと思っています。これもあくまで私個人の感覚的なものですが、ウルトラライトダウンは弱くはないですが中に封入されているダウンが暖かさの要なので、ダウンがへたる=買い替え。となります。フリースの場合はふわふわした細かい繊維の間に空気を含むことで断熱効果を発揮しているので、構造的にはフリースの繊維がガチガチに固くなったら一気に暖かさがなくなります。これに関しては洗濯方法や洗剤が影響大なので一概に言えませんが、今のところ私のフリースは購入時から劣化があまり感じられません。依然として暖かいです。逆にウルトラライトダウンは暖かさが目減りしてきているような気がします。感覚の問題なので根拠はないです。私の中ではフリースの方がタフ

5.拡張性

ウルトラライトダウンの場合、インナーダウンとして内側に来て機能する事も想定されてデザインされています。化繊で表面がツルツルしているので中に着てもごわつきませんし、薄くて暖かいのがウリなので大き目のアウターでなくとも中に着れるメリットがあります。フリースはツルツルの裏地が付いた上着でないとごわつきますし、そもそも嵩がある分、大き目のアウターのインに着れたとしても着ぶくれして太って見えてしまうかもしれません。私の友達に骨太な骨格の持ち主で冬になると「着デブ」に悩むヤツがいたので着ぶくれが嫌な人も確実にいると思います。アウターだけでなくインナーとして使う場合ウルトラライトダウンの方が優れていると言えるでしょう。

6.暖かさ

寒がりの私にとって最も大切なのがこの「暖かさ」です。これははっきり言ってそこそこの差でフリースの勝ちです。着た感じの軽さはどちらもほぼ一緒で、肩も凝らない軽い着心地の中、より着た時に暖かなのは間違いなくフリースでした。

結論

適材適所で。

今回私が最も重視したのは6.暖かさです。着比べて改めて分かったんですがやっぱりフリースは暖かい。しかも気軽に洗えて洗っても暖かさが失われないのが決め手となりました。他には思ってた以上にウルトラライトダウンのセールスポイントを活かしきれていない事。2.携帯性と、5.拡張性は共に外に着ていく前提であり、私の場合外着は別の物を着たいのでそもそも家着アウター向きではなかった。って事ですね。

これからは冬の家アウターはフリースにします。以上です。

スポンサーリンク