おしゃれって何?《メンズファッション》毎日服は変えるべき?

ファッション

「おしゃれ」って一体なんだろう? 誰もが一度は考えますよね?

「あっ!あの人おしゃれだな」とは分かっても、いざ自分を「おしゃれにする」となると、中々難しい。

そもそも人は何故「おしゃれ」を意識するのでしょう?おしゃれをすると、どんなメリットがあるのでしょうか?

この記事では、ファッションでとても重要な「おしゃれ」の概念を徹底的に解剖し、「おしゃれにまつわる5つの疑問」に対して、丁寧に答えを出していきたいと思います。

 

おしゃれにまつわる5つの疑問

 

  1. おしゃれは毎日違う服装をする事か? ←当記事
  2. よく言われる清潔感とは何か?
  3. おしゃれに独自性は必要か?
  4. おしゃれに流行りは必要か?
  5. おしゃれ=洋服の事なのか?

 

 

[toc]

 

立場を明らかにする。

 

まずは、「おしゃれ」というとても定義しづらいフレーズに対して、少しでもロジカルに話を進めるため、書き手である私の立場を明らかにしておきます。どの立場から言っとるんじゃ!という話ですが、ここは私のブログですのでご容赦ください笑

 

筆者の立場

 

今回、おしゃれに対して書くにあたってなるべくなら一般論で書きたい。とは思っています。しかしながら気を配ってはいても、どうしても自身の考え方を反映させなければ、話がまとまらない部分もありまして、自分がどのような人間かを明らかにすることである程度ご理解いただけるのではないかと思い、始めに簡単な自己紹介をしたいと思います。

 

著者

 

 

著者の上半身

『ニヤリ…。』

この写真が私です。写真は服屋時代の物で、たしか25歳頃だと思います。今は29歳になりました。(2017年9月で30歳)性別は写真の通り男です。10代の頃からファッションが大好きでずっと追っかけてきましたが、正直10代後半の頃に考えていた『おしゃれ』と、25歳頃の『おしゃれ』はかなり変わりました。今年30歳を迎えますが、今の『おしゃれ』もまた日に日に変化しています。
ファッションは『ジェネレーション(世代)』によって大きく価値観が異なりますが、『(よわい)』によっても大きく変化するものですね。

きっと私がもっと年を取って、老人になる頃、今の老人達の服装以上は『おしゃれ』に磨きがかかっているのでは?とひそかに期待しています。

好きなファッションは『シンプル』で『ミニマル』かつ『高級感』のある着こなしです。アメカジ~キレイ目まで幅広く着ます。特徴としては一度買ったら物理的に着れなくなるまで着続けたいと思っていて、移り変わりの激しいファッションには『アンチ』の姿勢です。

10代後半から2015年頃まで、いろんな業態でファッションに関わる仕事をしてきましたが、また今年(2017年)からファッションブログを通じてファッションに関わっていこうと考えています。よって、『ファッション業界人の目線』と『一般人の目線』を相互に理解しているつもりです。

それでは早速ですが、本題のおしゃれにまつわる一つ目の疑問を見て行きましょう。

 

 

 

1.毎日コーディネートを変えるのは、おしゃれなのか?

 

冬のアウターが1着だけのメンズはやばい!?何着持ってればいいの?
冬はアウターを着ると思うんだけど、 「そこまで洗濯するものでもないし1着を着まわしておけばいいやー」って思ってない?その考えかなりまずいよ・・・。

 

↑同じアウターを着続ける事に批判的な意見の記事を見つけたので、出典しました。

まず最初の疑問です。雑誌やネットをチェックしていると、「一週間の着回しコーデ」等の特集をよく見かけますよね?

出典:http://mensfashion-syosinsya.com/archives/4550

 

出典:https://shop.menz-style.com/item/pr?pr_id=1435

 

そのほとんどが毎日異なったコーディネートを勧めるような記事構成になっていませんか?上の広告も上下とも異なった服を着用して、一週間の着こなしとして謳っていますよね。もはや着回しですらない訳です。もしこの通り実践するとなると、ワードローブには7着のアウターと7着のボトムスが並ぶ事になるわけですが、果たしてそれはおしゃれなんでしょうか?という疑問です。

雑誌や洋服屋さんの立場を考慮すれば、やはり商売なので少しでも売れるように、よりたくさんの洋服をアピールするのも分かるんですが、正直ユーザー目線では『?』ですよね。

逆に、ここ近年台頭してきた「ミニマリズム」の考え方では「スティーブジョブズ」や、「マークザッカーバーグ」、「バラクオバマ」等、世界にインパクトを与えたイノベーターたちが実際に普段している服装を例にだし「私服の制服化」をアピールしています。それがおしゃれだという直接的な言い回しではないですが、ようは毎日同じ服装でも変じゃないよ。と、そういう事でしょう。(ちなみに私の考えはミニマリスト派で、少ない服でおしゃれに見せるのがよりおしゃれ。と思っています。)ミニマリストは極端ですが、はたして一般的なおしゃれとはどの辺にあるのでしょうか?

ここで一つ言えるのは、そもそも立場上毎回異なる服装をしているような人もいる。という事を知っておかねばならないという事です。
例えば、TVに出ているタレントやファッション業界で働くスタイリスト、ブランド関係者等はファッションアイコンとしてインフルエンサーとなります。必然的に『おしゃれ』な存在となるわけですが、(より身近な存在で言えば洋服屋の販売員や美容師さんなどもそうです。)この人たちの仕事は、総じて自分を通じて洋服やファッションにまつわるサービスを売る事なので、簡単に言ってしまえばマネキンの役割と一緒です。様々な好みの人に共感されないと話にならないので数打ちゃ当たるじゃないですが、色んなコーディネートで少しでも『おしゃれ』と思ってもらえるチャンスを作っています。ファッションを趣味としているフォロワー的な人は例外ですが、普通の一般人はこの『毎日異なる服装をする』=『おしゃれに思われる』と単純に解釈すべきでないと思います。そういう参考にする人や写真を見つけて気に入ったいくつかのコーディネートを取り入れればよいだけです。なぜなら、服を増やし過ぎて失敗するパターンがあるからです。

 

服が増えすぎて失敗する

 

例えば、服の選択肢を増やし過ぎて失敗するパターンがあります。
自分も服屋時代に経験があるのですが、義務的に毎日違った着こなしをしよう。となると、30日の内数日はやはりパッとしない格好になってしまいます。ダサくはなくとも、相対的に一番キマっていた日と比較すれば、完成度が下がっているのです。結果としておしゃれのアベレージは下がってしまうという残念な結果を招きます。特におしゃれなファッションが分からないのであれば、コーディネートは絞るべきです。雑誌や街ゆく人、ファッション業界人やおしゃれな友人を観察し、一つで良いのでコレだというコーディネートを決めます。そして基本的にはまんまパクりましょう。それが最も再現度が高くおしゃれの価値観がブレません。そして必要であれば同じ工程で2体目のコーディネートを作り(アイテムが重複すると尚良し)、完成度の高いコーディネートだけを続けた方がおしゃれに見られる可能性は高まります。

なぜ選択肢を減らすことがおしゃれに繋がるかは以下の本に詳しく書かれているので、気になる人は一度見てみる事をおすすめします。

 

服を買うなら、捨てなさい

 

 

服を減らせば、おしゃれになる

 

 

 

若いうちは特別

 

ただし、私が自分の人生を振り返って思うのは学生時代~20代前半の頃は自分の適性や好みを自分で把握する為にも色々な服を着てみて服に慣れておくといいという事です。ついでに言うと、『毎日違った服装の方がおしゃれ』『一緒の格好ばかりはダサい』という考え方は若い人ほどその傾向があると思うので、大学生は積極的に色んな格好してみてもいいと思います。逆に若い時から守りに入ってしまうと、大人になっても経験値が少ないので、のちにおしゃれが成熟しません。正直若くてダサい人より、いい年しててダサい方が私は嫌です。
結局のところファッションも経験の蓄積による部分が大きいので、たくさん服を着ていればその分おしゃれな雰囲気を肌感覚で理解出来ると思うので、ファストファッションなどを積極的に利用して色々着てみるのは良い事だと思いますよ!

そして、20代後半から30代にかけて、ある程度好みや似合う服がわかってきたら、手持ちの洋服を絞り込み、数ではなく質で勝負しましょう。平日をスーツ(制服)で過ごす人も多いので、私服をあまり必要としないならなおさら少ないながらもよりあなたをよく見せてくれる服を選ぶべきです。

 

結論

 

・『毎日コーディネートを変える』のと『おしゃれ』はイコールではない。

・ファッションに自身の無い人程、少ないコーディネートにするべきでパターン化すべき。

・若いうち(特に大学生)は経験を買う意味でもいろいろな格好をするのは良い。(現代はファストファッションがあるしね)

・20代後半~30代に入ったら、ある程度私服を絞り込んで、『量より質』を選んだ方がおしゃれな雰囲気を生みやすい。

以上です。それではまた!

 

おしゃれなメンズファッションってなんですか?清潔感って何?
メンズファッションにおける、おしゃれって何? 結局個人差があるでしょ?ごもっともです。 おしゃれにまつわる悩みとはいつの時代も尽きないもの。前回は「服装...
個性的なファッション=”お洒落”には結びつかないという話
メンズファッションのおしゃれって何だろう? 一見、とても難解に思えるこの疑問。『おしゃれ』の定義が、そもそも人それぞれなので、=まとめる事は出来ない。と言っ...
お洒落に流行りは必要なんだろうか《メンズファッションのおしゃれって?》
メンズファッションのおしゃれって何だろう?という大きな課題を解き明かすべく、それにまつわる小さな疑問を考察しています。『おしゃれ』の定義は人それぞれですが、...