30歳のおっさんが大学生のメンズファッションを真剣考察する

ファッション

今日のお風呂で何となく、『もし自分が今年から大学入学だったとして、まともな私服を殆ど持っていなかった場合に何を買うか。』と、

今年30歳になる私がぼーっと考えてみた。

そしたら、ちょっと面白そうな感じがして、記事にしてみたくなったので早速書いている。

もしかすると、本当に今年から大学生になるあなたの役に立つかもしれないので、よければ最後まで読んでもらいたい。

大学生ってどのぐらいお金あるの?

 

今年から大学ってことは、今は多分バイトとかに勤しんでいるはず。

一応、予算は出来るだけ低く、ただしある程度は長く使えるように先行投資的な意味も含めてそこそこの物は選びたい。大体予算は春夏のファッションで5万くらいだろうか。高すぎ?

 

 

 

まずはファッションの肝であり、当然通学時には毎日使用するであろう靴。ここから考える。

予算を仮に5万と考えるとまず初めに思いつくのが『革靴はないな。スニーカーだな。』という事。

私が以前紹介したコスパに優れたドレスシューズメーカーである【ジャランスリワヤ】でさえ3万はする。

 

ジャランスリワヤについて書いた記事

 

30代男性(メンズ)におすすめしたいドレスシューズのブランドはこれ一択
今回も引き続き「あなたを劇的に変える最高の靴」を紹介していこうと思う。

革靴は、ファッション性を考慮して、まともなものを買おうと思うとスニーカーに比べて高価になりやすい。どうするべきか悩む。。

しかし、スニーカーを選択した場合、私好みなシンプルなデザインでいくとパッと思いつくのは、コンバースのオールスターやVANSのオーセンティック、スリッポン、アディダスのスタンスミス、ナイキのインターナショナリストあたり。価格的には3000円~15,000程度でおさまる。

でも、どうもコーディネート全体通して想像したときにチープな印象になってしまう気がする。足先から頭上まで全体通してなんか気の抜けた感じ。それに学内でのアイテム被りも半端ないだろう。仕方のない事だが。とりあえず、金額的に万人に勧められるかは分からないが、私ならばという視点で、靴は『ジャランスリワヤ』のダブルモンクストラップシューズにする。

これならば、ちょうど卒業するぐらいに靴底の交換時期がきて、もしかするとややカジュアル目な会社であればビジネスでも使えるし、学生時代から使っている。という事で使い込んでいる革靴という一種の財産になる。と私ならば考えるだろう。ついでに大人への一歩として革靴のデイリーケアも覚えてしまおう。

 

注意事項

 

  1. ソールは雨天を考慮し、『レザーソール』ではなく、『ダイナイトソール』を選ぶべし。
  2. サイズは決して妥協しない事。近くに取扱店があれば、多少面倒でも試着してみるのをおすすめする。もし通販しか無理ならば、サイズを失敗したと思ったら必ず交換してもらう事。交換可能かどうかは必ず事前に購入店のルールを確認しておく事。スニーカーならまだしも、ソールの修理をしてこれから長く履いていこうという革靴においてサイズ選定ミスは最も致命的。ぜひ慎重にやってほしい。

 

ジャランスリワヤについては上のリンク先で細かい部分を書いてあるのでご参考あれ。

 

靴:ジャランスリワヤ/ダブルモンクストラップシューズ

 

 

 

 

ボトムス

 

お次はボトムス。ここは正直悩まなくていいと思う。

ユニクロのブラックスキニーデニム

が一番いい。理由を話す。

 

ブラックスキニーデニムが良いと思う理由。

 

  1. 汚れが目立たない(着用を繰り返し、ダメージ入っても逆にかっこよく見える場合すらある)
  2. スタイルが良く見える(痩せ型体系~普通体系の場合。肥満や、際立って太もも、尻周りが大きい場合そこそこゆったりした作りの物を選ぶべし。ただしその場合もシルエットはスキニー(全体に細い)ではなくテーパード(裾に向かって細くなる)を選ぶとスタイルアップ効果があり良いだろう)
  3. トップスを選ばない(何にでも合わせやすい)
  4. 高級ブランドと安い大衆ブランドとの品質の差が分かりにくい
  5. 他人との被りが気にならない。(被って普通というぐらい定番、定着しているので、気にしなくていい)

 

という感じ。

 

ユニクロで買った方が良い理由

 

  1. 高級ブランドや、中間みたいなブランドも作っているけれど、上述の通りはっきり言ってその違いがはた目から分かりにくいのがブラックデニムの特徴。少しでも予算を抑えたいと思うならユニクロで充分。違いが分かる大人(笑)になった時にでも買い換えればよい。

 

 

注意事項

 

  1. ジャストサイズを買うようにしてほしい。きつすぎるものを買う人は珍しいと思うが、それまで実際のウエストよりも大き目で履いていた人の場合、スキニーパンツをウエストに余裕を持たせて購入してしまうケースが想定される。細身のパンツはジャストで買うと覚えておいてほしい。(ワイドパンツなどは例外あり)(しかしピタピタも気持ち悪いのでほどほどに)

 

ということで、ボトムはユニクロの『ブラックスキニーデニムパンツ』にする。

 

ボトムス:ユニクロ/
ストレッチスキニーフィットテーパードカラージーンズ

 

 

 

 

 

トップス

 

続いてトップス。

まずは夏場のアウターであり、まだ寒い時期はインナーになってくるTシャツだが、これも悩みどころがない位、私の中で不動のセンターがいるので、下記記事を見て参考にしてほしい。

 

Tシャツ

 

『ヘインズのTシャツ』について書いた記事

 

Tシャツはおしゃれ着と日常着に分けて2ブランドをチョイスした
突然だがあなたが一年の中で、最も着ているトップスは何になるだろうか? 夏と冬で衣替えをする方や、仕事に行くときと家にいるときで服装が異なる方。様々だとは思うが、 大抵の場合答えは「下着=インナー」となるだろう。

 

正直他に言う事がないくらい。無地Tで良いと思う。余程気に入ったデザインのプリントTでもない限り、普段からプレーンなTシャツをしかもモノトーンで着ている方が私からはおしゃれに見える。小物でインパクトや個性というかアクの強さは調整出来るし、トップスはシンプルにしておこう。ヘインズのジャパンフィットをとりあえず黒3枚、白2枚ぐらい用意したらいいのではなかろうか。

 

注意事項

 

  1. ジャストサイズを買う
  2. 程よく使用感が出てきたところで、スパッと部屋着にして新しい物と交換する。(ずるずるとくたったTシャツを着ない)
  3. 袖を折って着ると男っぽくって似合えば素敵。

 

Tシャツ:ヘインズ/ジャパンフィットTシャツ

 

 

 

 

 

シャツ

 

お次はTシャツの上に羽織るシャツ。

 

こちらも私の中で不動のセンターがおりまして、説明はひとまず下の記事を見て下さい。着てみればきっと、おすすめする意味が理解できるはず。

 

メンズファッションでおすすめな春のシャツはオリーブのミリタリーシャツ
たとえ、デニムパンツが黒だろうがインディゴだろうが、 インナーがTシャツだろうがニットだろうが、 そんなことを気にすることなく、さらりと羽織れて春先に重宝する。

 

ミリタリーシャツが良い理由

 

  1. タフで洗濯に強く汚しても雰囲気でカバーできる
  2. インナー次第で外気温との調節が出来、極寒、灼熱以外の時期に使用可なところ

 

ただ一つ問題なのが、これっていう大定番が無いところ。靴ならいつでも買える定番品があるんだけれど、被服となるとそれがちょっと難しくなるのがアパレル業界のいけないところ。(まあ実際、小物やアウター以外で数年間売れ続けるアイテムってそうそうないんだけども。。)

ということでここは各々がセレクトショップを周るなり、ネットで探すなりして最適なものを見つけてほしい。一応最後の保険としてユニクロで今季出ているが、もう少し(あと数千円)出せば、フェイク感がなくってより良いミリシャツが買える。一つ注意としては下手なもの買うぐらいなら迷ったらユニクロでオッケーとだけ覚えておいてほしい笑

 

シャツ:ユニクロ/ワークシャツ

 

 

 

 

あとは靴下なり、サングラスなりと、小物が残っているが、少し長くなりすぎたので、また後日とする。

それではまた。

 

《続き》

「30歳おっさんの大学生メンズファッションを考察」の続き
今回は、以前書いたこちらの記事『30歳のおっさんが大学生のメンズファッションを真剣考察する』の続きで、小物の重要性を説きます。 まだ読んでいない方は良けれ...
既にちょっとおしゃれな大学生向けのメンズファッション
このテーマもすでに3記事目になりました。出来る限り簡潔に書こうと意識していますが、ふと気が付くと1,000文字なんかすぐ超えてしまって『誰がこんなに読むんだ』と我...