ナスの支柱の長さは何センチ必要か?|ナスの家庭菜園での育て方

家庭菜園・畑

今年から家庭菜園でナスを育てています。

育て方など何も分からない状態から始めているので、

手探りでネットや本で調べながら一つづつ作業を行っています。

私が住んでいるのは北陸地方なのでまだ梅雨の真っ只中。

周りの畑ではすでにナスの収穫が始まっているようですが、

私は6月頭から2週間ほど持病で入院しており、途中作業が進められなかった為、

ナスの株はまだ小さい状態です(^^;)

ナスは1番花の下の勢いの良いわき目を2本伸ばした3本仕立てにするといいらしいのですが、

そろそろ苗の大きさ的にも、本格的なV字の支柱を組みたいと思います。

ところが、支柱を何センチにすればいいのかが分かりません(^^;)

竹やぶで支柱になりそうな竹を調達してきたんですが、何センチに切ればいいんでしょう?

ナスがどのくらいに大きくなって、どのくらいの長さで摘心するかが皆目見当がつかない為、

今回、本やサイトで調べてみました。この記事ではそちらをまとめていこうと思います。

それではナスの育て方です。どうぞ。

ナスの栽培のポイント

まずは、ナスの栽培のポイントを簡単にまとめておこうと思います。

  • 家庭菜園では種からではなく苗から育てるのが便利(初期成育期間が長いため)
  • 有機質に富んだ肥沃地が好み
  • 20~30℃が生育適温
  • 連作障害があるので3年ほど間隔をあける(同じ場所にナス科の植物を植えない)
  • 長ナス、中長ナス、丸ナスなどの種類がある
  • 長ナス系は耐病性が高い
  • 日当たりの良い場所に植え付ける
  • 植え付けの2週間前に石灰で土の酸度調整をする。(1平米あたり100グラム)
  • 畝幅は70~90cm
  • 株間は40cm
  • 苗の定植は4月下旬から5月中旬まで
  • 深植にならないようにする
  • 最初は仮の支柱で倒れないようにする
  • 活着促進のため植え付け直後はまめに灌水する
  • 植え付けの2週間後から月に一回の施肥。その都度土寄せ
  • 土の乾燥防止に敷き藁をする
  • 一番花が付いた枝とその下に出る側枝2本を残しその下の側枝は早めに摘んで、3本仕立てにする。
  • 成長するに従い、長さ60~80cmの竹の支柱を立て、倒伏を防ぐ
  • 真夏に弱って実つきが悪くなるので、7月中旬ごろに各枝の側枝を残して枝先を剪定。肥料を施すと9月ごろ秋ナスが収穫できる
  • プランター栽培は早生の種類が向いている
  • 鉢は素焼きの8号鉢がおすすめ

[ナスの元肥]畝中央40㎝間隔に深さ25~30に埋める

  1. たい肥2㎏
  2. 化成肥料100g
  3. 熔成リン肥50g
  4. 硫酸カリ30g

ナスの支柱の長さは何センチが適当か?

祖父が読んでいたものを受け継いだ手元の「野菜の作り方本」によると、支柱は60~80との事でしたが、これだと少し短い気がするのですがいかがでしょうか?

もうちょっとネットで検索してみました。

ずぼら主婦の家庭菜園ブログさん

支柱の長さは120~150cm程度、太さは直径1.6~2.0cm程度が良いと思います!
(今回は、高さ120㎝、太さは1.6㎝の支柱を使いました。)

支柱の価格は、ホームセンターで1本200円位でしたよ。

http://zuborakateisaien.com/891.html

デルモンテの野菜苗さん

用意するもの

・仮支柱(長さ60~70cm位の細いもの) 1本
・本支柱(長さ1.5m位の太いもの) 3本

https://delmonteagri.co.jp/grow/eggplant

Apronさん

支柱の長さは野菜の背丈に合わせます。トマトやキュウリなど背の高いものは2m位の支柱、ナスやピーマンなど背の低いものは1m位の支柱を

https://apron-web.jp/saien/259/

やはり人によってまちまちでしたが、短いものだと1mから、長くて1.5mぐらいが相場のようですね。短くて足りないよりも、長い方が困らないとは思いますが、長すぎると風にあおられやすくなるので1.5mがベストかもしれません。

複数株ある時はこんな誘引の仕方もあった

全ての株に支柱を立てるのではなく、両サイドと中間ぐらいに同じようなクロスの支柱を立てて、

間にビニールテープを這わせる方法もあるみたいです。

http://sakata-tsushin.com/yomimono/tokushu/20170223_004939.html

うちはナスだけで何株も直線に植わっているので、

支柱の本数が少なくて済みそうなこの方法を取ろうと思います。