アボカドは摘心すべきか?種から育てたアボカドの記録

庭仕事

どうもこんにちはシュンです。今日は私が育てている植物のお話をしますね!さっき、アボカドの摘芯をやってきたのでそれについて書きたいと思います。

今からちょうど一年前ぐらいの事、普段何気なく食べているアボカドを種から育てられるという事を知りました!

それ以来種を捨てるのはもったいないので、殆ど手もかからないし、食べたアボカドの種をどんどん栽培しています。植木鉢が5鉢程、10鉢以上のアボカドたちが我が家のキッチンに笑

植木鉢で育てているアボカド

 

発芽前で水耕栽培中のアボカドの種

 

発芽前で水耕栽培中のアボカドの種

 

 

種から育て始めて約1年

https://www.instagram.com/p/BXUI-GsnZ7r/?taken-by=instyle_web

こちらの写真は今朝撮ったものなんですが(2枚目参照)、大体1年で40cm程に成長してくれました!私が住んでいる福井県は北陸地方で、今年も冬にはドンッと雪が積もりましたが、家の中に入れておいたので、なんとか越冬に成功しました。アボカドの栽培はそもそも日本の気候には適してないだろうし(瀬戸内等で作ってますが)基本メキシコやカリフォルニアなどが盛んなので、本場の人の教えを乞う為にYoutubeで色々検索して勉強しています。

 
 

そして、今朝こちらのブログをチェックしていたのですが、

アボガドを食べた後に残る種。実は発芽するんです!種を植えるところから2年間育てたアボガドは立派に育ってます!冬越しなどの実際の記録とともにご紹介します!

摘芯に関して書かれており大変興味深く読ませていただきました。そして、どうも我が家のアボカド君達も摘心した方が良いかな~と思い始め、思い切って一番の成長株を40cmの所で摘心してみました。なぜ40cmにしたかというと、こちらの記事に40cmって書かれていたからです(単純ですみませんw)

今回取り上げるのは「森のバター」とも呼ばれる、濃厚でねっとりした食感ながら、高い栄養価も併せ持つアボカド。 収…

摘芯の意味についてはこちらの動画が参考になります。

ということで、無事アボカドを40cmで摘芯し、ついでにゆくゆくアボカドを地植えする穴も掘ってきました!

https://www.instagram.com/p/BXUKXT1n12A/?taken-by=instyle_web

そして、この穴を掘った場所はつい先日まで駐車場として使用していた場所で、上に雑草防止の砂利が敷いてあり、土中に有機物が殆どなく固く締まった土でした。とてもじゃないですがミミズ等が住めるようなフカフカの良い土ではありません。なのでアボカドを植えるまでの期間、この穴に積極的に生ごみ(料理したときに出る野菜くずなど)を投入し、攪拌(混ぜ合わせる事)。微生物のえさとなる生ごみをすき込んで土壌改良を図りたいと思います!省ゴミ&堆肥買わなくていい&アボカドが喜ぶで1石3鳥ですね(^^)

それではまた次回!