色々断捨離してきたけど海に行くならサンオイルは手放すべきでなかった話

ミニマリズム

みなさん海へ行く時は、しっかり日焼け止めやサンオイルを塗ってると思いますが、これって当たり前ですよね?私だって、昔はちゃんと縫ってましたよ!だって周りの皆も塗ってたし。

でも最近の私はバカなのか、”これ塗らずにイケんじゃねえか?”って思ってしまい、今日まで無塗装で海に行きまくってました。しかし!今日海で、キレイに焼けてる他の人と自分の痛々しい肌を見比べたら、やっぱ《サンオイル》は必要だな。って考えを改めることになりました(^^;)

このブログでも書いてますが、海に行く目的は病気改善の為です。だから夏は毎日海水浴に行くのを日課にする事にしたんです。日焼け止めを塗らないで一週間ほど海に通ってみて分かった事は、”真っ赤になって痛くなる⇒薄皮がはがれて水ぶくれになる⇒皮がむけてまた真っ赤。”の繰り返しだって事笑。肌の強い人はこの限りではないのかもしれませんが、少なくとも私の場合は肌が安定しませんでした。肌の色はファッションにも大きく関係してくるので、私の理想は夏ならある程度日焼けする事です。その方が夏という季節的にも自然だし、見た目も健康的でカッコいいと思います。来年もこの時期はある程度黒くはなりたいので、今度からは大人しくサンオイルを塗ろうと思います(^^)/

サンオイルを断捨離した理由

私は自分の事をミニマリストだと思ってます。基本的に可能ならモノに頼りたくないし、依存したくない(○○が無いと生きていけないってモノを出来る限り増やしたくない)って気持ちがとても強い。なるべくなら必要最低限で身軽でいたいし、自分を車に例えるなら燃費の良い軽自動車になりたい。

パーマカルチャー(循環型農業)を知ってからは、出来る限り自然(循環)に近い持続可能な生き方をしたいと考えています。なるべく土に還らないものを身の周りに増やさない。って事を常々考えたりしています。もちろん生活が可能な範囲での話ですが。

これまで生きてきた中で自然と身に付いた固定概念ってありますよね?それに一度疑いを向け、たとえ世間の常識から外れようとも他の迷惑にならない限り自分の真善美を追求する姿勢を大切にしたいと思ったんです。

私の場合、それは薬に頼らない。とか、車に頼らない。とかですね。そんな感じで、海に泳ぎに行く際もガソリン代を掛けずに自転車で体を動かしながら行くし、なるべく消耗品を避けるようにしたいので、飲み物は水筒で持っていく。シャワーも無駄金を使わず自宅で浴びる。基本的にお金がかからなければ持続可能になります。しかしながら、今回のサンオイルを断捨離した判断は、結果として皮膚が日焼けについて行けなくなり、それで持続不能になりつつあるので、試した結果としてはサンオイルは必要だなって結論になりました。既に日焼け対策をしてる方には完全な無駄話でしたが、そんな感じです(‘;’) それではまた次回!